バイト 受からない ニート フリーター

ニート・フリーターでバイトが受からないときはどうするべき?

少し前まで、「フリーター」はバイトの募集時に重宝される傾向にありました。それは、フリーターは時間の融通がきくという利点があるからです。

 

どうしても学生なら学業優先となりますし、急に人手が足りなくなったときなどにフリーターの人なら出てもらえます。いわばフリーターは、お店にとって「都合のいい存在」だったのです。

 

しかし、今は若干その傾向は薄れてきたように感じます。なぜなら、フリーターでもバイトの面接に受かるとは限らなくなっているのです。

 

お店側から見たフリーターの最大のメリットは、「いつでも働ける」というところにあります。
ですから、土日祝や年末年始に働けないフリーターは、バイトであっても受かりにくいかもしれません。

 

また、ニートは「なぜニートなのか」を面接時にきちんと説明しなければなりません。

 

ニートになる理由は人それぞれかと思いますが、「ニート=仕事が続かない」というイ
メージを持っている人が多いのは、残念ながら事実なのです。

 

そして、「就活中の腰掛け」としてバイトを探している場合、
なかなか受からないことが多いです。

 

それは、「急に辞められる可能性」が高いからです。
新しくバイトを雇い、一人前に育てるにはある程度の時間がかかります。

 

それですぐに辞められたのでは、教えたほうは無駄な時間を使ったことになりますね。
ですから、単に「フリーターだからバイトに受かりやすい」という時代は、すでに終わったようなものなのです。

 

ニートやフリーターでバイトに受かりやすくするには、
「つい最近までバイトをしていた」という事実を作るのが手っ取り早いと思います。

 

そこで面接なしのバイト探しができる「ショットワークス」というサイトを使ってみましょう。
ショットワークスは、短期や単発のバイト専門の求人サイトです。

 

面接なしの求人もありますので、ニートやフリーターの「既成事実」を作るにはもってこいですよ。
ショットワークスで既成事実を作り、そのあとで本命のバイトの面接を受けてみてはいかがでしょうか。

 

面接なしの短期バイト情報が満載!ショットワークスの公式サイトはこちら