バイト 受からない 高校生

高校生、バイトが受からない

本来アルバイトは、職種にもよりますが高校生になる年齢(16歳)から行うことができます。もちろん22時以降やお酒を扱うような職場で働くことはできません。

 

法律上は16歳から(もしくは15歳の高校生から)働くことはできるのですが、現実的に高校生はなかなかバイトに受からないようです。それはなぜなのでしょうか。

 

その理由の1つに、「責任感のなさ」が挙げられると思います。たかがバイトと軽く考えている人が多いのです。働いてお金をもらう以上、きちんと責任感を持たなければなりません。

 

連絡もせずに休んだり、突然やめてしまったり…といった無責任な行動をとる高校生が多いのです。
もちろん全員がそうだというわけではありません。

 

また、「学校が…」と言って急に休まれてしまうのも、仕方がないとは言えお店側にとっては迷惑な話です。
このような理由から、高校生はバイトに受かりにくいのだと思います。

 

高校生がバイトを探すときは、「高校生歓迎」と書いてあるところや21時閉店のところを選ぶと良いでしょう。
深夜まで営業しているお店では、閉店まで働ける人のほうがほしいと思うのは半ば当然ですからね。

 

高校生でバイトが受からなくて悩んでいる人は、「ショットワークス」という求
人サイトで面接なしのバイトを探してみてはいかがでしょうか。

 

ショットワークスは短期や単発のバイト専門なので、学校が休みの間だけという働き方も可能です。
高校生だと、平日がっつり働くのはなかなか難しいと思います。しかし土日だけではほとんど雇ってもらえません。

 

そのことを考えても、短期のバイトはとても魅力的ではないでしょうか?

 

面接なしの短期バイト情報が満載!ショットワークスの公式サイトはこちら